病気について

2015-07-23 15:38:00

高気圧酸素BOX

 

 

 

 

酸素と身体

 「すべての病気は酸素の欠乏症

 である」 野口英世(医学博士)

 

 現在、地球上のいたるところで大気汚染、環境悪化などによる酸素不足が起きています。

 

 数百年前は25%近かった大気中の酸素濃度が

現在では平均して21%まで落ちています。

 更にストレス、不規則な生活習慣、喫煙、飲酒、

体力の衰えによって、現代人は慢性的な酸素不足陥っています。

 

空気中の酸素濃度が低下することを「酸素欠乏症」と言い、人体が酸素濃度18%未満の環境におかれると生じます。

 

 酸素不足は様々な疾患の引き金になる可能性もあり、大変危険です。

 また、血中酸素濃度が低い人は、痩せづらい体質なったり、疲れが取れにくくなるもあります。

 

 

 

 高気圧酸素BOXの、期待できる5つのポイント

 

 「記憶力の向上」

 全身の酸素消費量の2025%は脳で消費する

と言われています。

脳の働きが活発になると、通常よりたくさんの

酸素が必要となります。

 そして、酸素が十分に供給されると、脳は活発に

働いているα波を出している状態になります.

この状態は、集中力や記憶力が高まっていることを示します。

 

 

「乳酸の分解

疲れは、筋肉に乳酸が溜まっていくと感じるようになってしまいます。肩のコリや身体のだるさも乳酸の仕業です。

酸素はこの乳酸を炭酸ガスと水に分解して体外へ排出します。

 

プロ野球チームやサッカーチームなどが酸素カプセルをチーム内に設置しているのは、この効果を狙ってのことが多いのです。

 

 

* ダイエット」

  糖分や脂肪を燃焼させる脂肪分解酵素のリパーゼが活動するためには、十分な酸素が必要です。


 酸素を身体に取り込むことで、新陳代謝をアップさせ、脂肪燃焼を促進し、普段の基礎代謝が高まります。


 また、体内の脂肪量には脳内の物質も関係します。脳に酸素を大量に取り込むことで、身体の脂肪量を調節する脳内物質のレプチンが増えて来ると言われています。


 このレプチンが正しく働くことで、余分な脂肪を溜め込まないように脳が身体に指令を出してくれます。そうすることで、太りにくい体質を

作ることにもつながるのです。

 

 

「ケガの回復」

 イングランド代表のサッカー選手、ベッカム選手が、ワールドカップ直前に骨折をした後、驚異的な回復を見せました。

この時ベッカム選手が使ったといわれるのが高気圧酸素療法です。

 

酸素ボックスも、ケガの回復には同じような効果があるといわれています。

筋肉や靭帯の損傷や骨折などで傷ついた細胞を再生するには、多くの酸素を必要とするからです。

また、手足の末端にまで届く溶解型酸素は、細胞の活動を活発にし、血行を促進します。

 

 

「健康肌へのサポート」

 酸素ボックスで細胞に届けられる溶解型酸素は毛細血管も通りやすいため、皮膚細胞の活性化期待でき、新陳代謝も活発になるため、

皮膚の再生サイクルが正しく整えられ、美肌効果が期待できます。

 

 

「高気圧酸素BOX」

 

  

BOX内スペースは広く「リラクゼーション」としても利用でき、

ロスポーツ選手やタレントも使用している「高気圧酸素BOXが当院にございます。

 

 自由診療ですので、お気軽にご相談ください。

 同時にお二人一緒にお入りも出来ます。(50分、お一人1,750円)

 

 【費用(自費)】 50分 3,500

                        40分 3,000

 

 

 

 

 

1